春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

百聞は一見にしかずとは、よく言ったものです。


百聞は一見に如かず、とはよくいったものです。

本日、お客様の所に商談に行きました。

私は後ろで営業マンのトークを聞いていました。

営業マンは、一生懸命話しているんでしょうが、これで、おじいさまに伝わるのかな?本当にお爺さんは理解しているのかな?と

思いました。

初めての説明に資料もなく、言葉だけで聞いていては、分からないだろうなと思いました。

だから、お客様に伝えるには百聞は一見に如かず、です。

資料を後ろから渡して、お客様にその資料を見せて再度、説明を始めました。

そしたら、お客様も、うなずき始めました。

やはり、百聞は一見に如かず、だと再認識させられました。

絵王業マンは、一生懸命話していますが、それは伝わっていると錯覚してしまうんですね。伝わっていると

ですが、二人を後ろから見ていると、お客様は、あまり、分かっていないような顔をしているんですね。

そういう時は、話しながら、お客様の様子を見ないといけませんね。

そうすれば、お客様の顔の表情を読み取ることができます。

あ、これは、分かっているなとか、あ、これは、よくわかっていないなとか

それを読み取る余裕も大事ですね。

お客様の家に訪問して、お話をするときは、自分をショールームに見立てる必要がありますね。

ショールームに行けば、見て、触って、触れて、確認をすることができます。

百聞は一見に如かず、がずらりと並んでいます。

ですから、説明がそんなに上手でなくても、お客様に伝わります。

ですが、お客様の家を訪問して説明するときは、ショールームはありません。

すべてを、自分のトークで伝えようとするのには限界があります。

ですから、なるべく百聞は一見に如かず、の状態を作る必要があります。

ですから、豊富な資料を用意しないといけません。

それが大事です。

それが、まずは、アプローチブックです。

塗装に使用する塗料のカタログは全て入れておきます。

それを見せながら説明します。

ショールームには、遠く及ばなくても、ただ、しゃべるよりは、マシです。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に