春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 屋根材の粘土瓦(和瓦・洋瓦)の特徴とチェックポイントです。

屋根材の粘土瓦(和瓦・洋瓦)の特徴とチェックポイントです。


屋根の現地調査では、調査する屋根材の特徴を踏まえた上でしっかりと劣化診断を行っていきます。屋根材の特徴と注意点を解りながら知っておく必要があります。今回は、粘土瓦(和瓦)です。粘土を形成して焼き固めた瓦です。耐水性・防水性にとても優れていて色褪せしないが、重量がある為、耐震目的で軽量瓦に葺き替えることも多くあります。粘土瓦には、他に洋瓦(S型瓦・F型瓦)があります。

粘土瓦の部材です。

野地板・母屋・垂木・ケラバ・防水紙・瓦桟・棟・漆喰・瓦・軒先瓦があります

ポイント① 漆喰部分の点検です

漆喰は、瓦の隙間を埋める、いわば接着剤のような役割があります。隙間を埋めることで、雨の入り込みや、鳥や小動物が入り込まないようにしています。瓦自体は、メンテナンス不要ですが、漆喰はメンテナンスが必要になります。これを怠ると、瓦のずれや雨漏りの原因になってしまいます。

ポイント② 瓦の割れ・ずれの点検です

瓦の割れやズレ、またビスの浮きの確認を行います。阪神淡路大震災をきっかけに、耐風性や耐震性に優れた「ガイドライン工法」が広まりました。それ以前は、「引っ掛け桟工法」や「土葺き工法」で葺かれた瓦もまだまだ多く見られました。揺れなどで瓦がずれると雨漏れの原因になります。また野地板の腐食にもつながります。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に