春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 野地板の寿命を長く持たせるには、どうしたら良いのでしょう?

野地板の寿命を長く持たせるには、どうしたら良いのでしょう?


野地板とは屋根の瓦の下にある板です。逆に言えば、野地板の上に瓦が載っているという大事な板です。その野地板も施工の方法により、寿命に凄い差が出るということです。雨は上から降ってきます。その雨を防いで、家の中に雨漏れが無い状況をいつまでも持たせてほしい、その為にも、できれば長く持たせたいというのが我々の考えですね。

これからは、50年、100年の長寿命住宅が求められる時代になってきてます。

その実現には、野地板の寿命を延ばすことが不可欠です。

湿気は大敵です。

通気に問題を抱えた住宅では、築10年も持たずに野地板が腐朽します。

欠陥が無くても20年から、30年で補修するのが一般的です。

これでは超寿命住宅はおぼつきません。

そんな中、湿気を排出する下葺き材の普及を目指す動きがあるとのことです。

良いことですね。

新築の家を見ても、中古の家を見ても、野地板は外見からは見ることができません。

屋根の瓦に隠れています。

屋根の瓦の土台になっています。

その大事な野地板も板には変わりありません。

板ですから、やはり湿気には弱いですね。

野地板の上には防水用のルーフィングが施工してあります。

そのルーフィングに透湿性がないと湿気が野地板に溜まります。

湿気が溜まると、流石に野地板も湿気から侵されてきます。

 

その為に透湿ルーフィングが開発されました。

湿気を排出する下葺き材、透湿ルーフィングのJISが16年8月に制定されました。

注目点はくぎ穴止水性を規定したことです。

住宅実務者の間では、透湿ルーフィングはアスファルトルーフィングに比べて防水性に問題があるのでは、との不安が根強いです。

整備で不安を払拭できるのか、期待が大きいですね。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に