春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん春日井店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • HOME 
  •   > コラム > 野地板の寿命を長く持たせるには、どうしたら良いのでしょう?

野地板の寿命を長く持たせるには、どうしたら良いのでしょう?


野地板とは屋根の瓦の下にある板です。逆に言えば、野地板の上に瓦が載っているという大事な板です。その野地板も施工の方法により、寿命に凄い差が出るということです。雨は上から降ってきます。その雨を防いで、家の中に雨漏れが無い状況をいつまでも持たせてほしい、その為にも、できれば長く持たせたいというのが我々の考えですね。

これからは、50年、100年の長寿命住宅が求められる時代になってきてます。

その実現には、野地板の寿命を延ばすことが不可欠です。

湿気は大敵です。

通気に問題を抱えた住宅では、築10年も持たずに野地板が腐朽します。

欠陥が無くても20年から、30年で補修するのが一般的です。

これでは超寿命住宅はおぼつきません。

そんな中、湿気を排出する下葺き材の普及を目指す動きがあるとのことです。

良いことですね。

新築の家を見ても、中古の家を見ても、野地板は外見からは見ることができません。

屋根の瓦に隠れています。

屋根の瓦の土台になっています。

その大事な野地板も板には変わりありません。

板ですから、やはり湿気には弱いですね。

野地板の上には防水用のルーフィングが施工してあります。

そのルーフィングに透湿性がないと湿気が野地板に溜まります。

湿気が溜まると、流石に野地板も湿気から侵されてきます。

 

その為に透湿ルーフィングが開発されました。

湿気を排出する下葺き材、透湿ルーフィングのJISが16年8月に制定されました。

注目点はくぎ穴止水性を規定したことです。

住宅実務者の間では、透湿ルーフィングはアスファルトルーフィングに比べて防水性に問題があるのでは、との不安が根強いです。

整備で不安を払拭できるのか、期待が大きいですね。