春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > スレート瓦(コロニアル)の塗装についての注意点です。春日井市...

スレート瓦(コロニアル)の塗装についての注意点です。春日井市藤山台


本日は、春日井市藤山台におきまして、スレート瓦(コロニアル)の塗装を行っています。そのスレート瓦(コロニアル)の塗装の注意点についてお話ししたいと思います。平板のスレート瓦(代表製品にはコロニアルがあります)の施工は、下地の吸い込みを留めることがポイントです。また、必ず縁切りを行います。そうしないと、野地いたが腐り、漏水にもつながる恐れもあります。この縁切りをおこなわないと、1、結露水の逃げ場がなくなります。2、毛細管現象で水分を吸い上げます。これらの二つの現象により野地板を腐らせ、漏水の原因となるのです。気を付けましょう。屋根の塗装をした後に、皮スキにて縁切りを行います。また、今は、タスペーサーの取り付けにより縁切りを行う場合もあります。このタスペーサーはスレート瓦(コロニアル)の端から15センチ程度の箇所に差し込みます。当社もこのタスペーサーの取り付けは標準装備にしています。また、ダブル工法です。1㎡あたり、大体、8個から10個程度、取り付けます。タスペーサーを挿入した後は、上塗りの塗布により縁を埋めないように気を付けます。最終工程の直前にタスペーサーを挿入すると、塗料で埋まるリスクを低減できます。また、タスペーサーを挿入しない場合は、次のような塗装の仕方に気を付けてください。1、小口部分を刷毛で拾ってから、ローラーを左右に転がしながら塗っていきます。2、上から下に向かって塗っていきます。3、吹き付けにて塗装します。こんな感じです。また、劣化して反っている屋根には、タスペーサーは不要です。なぜかというと、タスペーサーを使用するまでもなく、十二分な隙間が確保されています。また、タスペーサーを固定することもできないからです。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に