春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

屋根材のコロニアルで層間剥離がなぜ増えているんでしょう


春日井市で現場調査に伺うと、これは塗装は無理だなと思われる状況に遭遇することが少なくありません。

築15年で、屋根材に層状の剥がれが見られるんですね。

一生もので購入されているお客様にとって、これは由々しき問題だと言わざるを得ません。

築15年で層状の剥がれが見られます。

築15年で見られたあるメーカーの剥がれです。居住者が当社に相談に来ました。

塗装の塗り替えを含めての相談でした。

その現場調査で、初めて、この層状の剥がれが発覚しました。

これは無理ですと、お客様に写真を含めて現場調査の診断結果をお知らせしました。

お客様は、ビックリです。

予算も上がります。

また、このアスベストを含むコロニアルを撤去処分すると、更に、費用は上がります。

足場を組んで、人力で、既設のコロニアルをめくります。

それを、トラックまで運び込み、運搬、処理です。

これを何回か繰り返します。

既設の屋根材とルーフィングが撤去、処分されると、次は、コンパネ張りです。

傷んだ野地板の上に新しいコンパネを貼ります。

大体、12ミリのコンパネを100枚ぐらい、屋根の足場のステージまで人力で上げて、1枚1枚敷設して、カットします。

ビスで固定します。

その上にルーフィングを施工します。

そしてガルバの施工になります。

 

クレーン車を使えば、仕事はもっと楽になる部分はあります。

この既設のカラーベスト、ルーフィングの撤去処分、そして、コンパネの敷設が余分に掛かります。

また、アスベストの産廃処理の費用が馬鹿になりません。

ですから、既設のコロニアル、カラーベストの上に、ガルバをカバー工法にて施工することが多いです。

今も、今度も、カバー工法にて施工するお客様が順番待ちです。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に