春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

10月1日、本日の私の東農地区における行動予定です。


10月1日、火曜日、本日の私の東農地区における行動予定です。今日はAM8時に恵那市の大井町に下見に行きます。屋根の破風板の板金が飛ばされて無くなっています。そこの下見の後に多治見市根本町でやはり屋根の下見に向かいます。こちらは谷樋が銅板です。そこに穴が開いています。また冠も積みなおさないといけません。その後も予定はぎっしりです。

そこの下見がすんだら市之倉の東農信用金庫に向かいます。

振込先の口座を変更します。その後に多治見駅前のある会社さんに行って、内部の塗装の下見に伺います。

初めての会社さんです。

当社の看板を見て連絡を下さったのかもしれません。

期待に応える仕事を提供したいなと思います。

恵那の下見ですが、屋根の近くの板金が飛ばされるということは、板金を留めている釘が、あるいはビスの効きが弱まっていると考えられます。

素の下地の木材が湿気ってきてるんだと思われます。

多治見の下見の現場もそうですが、冠を積み替えなければいけないケースも棟に湿気が入って、漆喰が崩れてきたり

冠を留めている釘が抜け出てきたりしてきます。

これも湿気のなせる業です。

恵那の場合は、その湿気が塗膜の裏側にも回ってきてます。

その為に、水が上から下に流れてきますので、塗膜の浮きもその流れに従うように、上から下へと1直線に塗膜の劣化が見られます。

この部分はサイディングボード1面を塗り変えた方が良いと思われます。

屋根の板金工事、そして、湿気の侵入を食い止めて、その後に塗膜の塗り替えです。

結構な工事になりますね。

多治見の下見の現場もそうです。結構な工事になりそうです。

ここは600万円の工事を450万円にさげてもらったということで契約をされていました。

相談を受けて、もちろんキャンセルです。

やはり地元の適正価格の業者さんが一番だと思います。

どんな計算をしても、そんな価格にはなりません。

高齢のご夫婦の生活を守るということもありますが、幸せな生活を送って欲しいですね。

その為の役目を、役割を果たしたいですね。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に