春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん春日井店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • HOME 
  •   > コラム > 春日井市で新しい外壁塗装の現場がスタートしました。問題はテラ...

春日井市で新しい外壁塗装の現場がスタートしました。問題はテラスです。


春日井市で新しい外壁塗装の現場がスタートしました。契約を頂いてから、塗装がスタートするのに2か月くらい遅くなりました。注文が一杯入っていて、なかなか始めることができませんでした。それと台風の発生にも、かなり影響を受けました。お客様にはご迷惑をかけることになり申し訳ございません。

10月31日に足場が立ちました。

足場を建てるにあたって、テラスやカーポートの天板が邪魔をして立てることができない場合があります。

その時には足場を建てる日程の前に、テラスやカーポートの天板を前もって外さないといけません。

今回、この家のテラスをはずに当たり、いつもの職人さんが行きましたが2Fのベランダの上のテラスの天板を外すことが

できませんでした。

何で、そうして?と聞きましたら、このタイプはテラスのフレームも外さないといけないとのことです。

YKK、アルミメーカーですが、そのYKKさんが特許を取得されてるタイプとのことです。

従来のテラスは、テラスの天板を上からビスで留めます。

2階などで施工するときには、結構、危ない作業になります。

そういう危険性を軽減するということもあり、この下から下から順番に作業をする、こういうタイプのテラスが埋めれたとのことです。

確かに、こういうタイプは見た目もスッキリしていますし、作業も飛躍的に安全性が向上しているのであれば、こちらのタイプの方が良いかもしれません。

ですが、こういう塗装や何らかの工事をするにあたって、テラスの天板のみを外す場合にテラスのフレームも一緒に外さないといけないというのは、これは大変ですね。

ましてや、今回の塗装の現場はベランダの上に端から端まで設置されてます。

取り外し、塗装が終わった後に、再度の取り付けで、職人さんに払う金額も結構な額になりますね。