春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 春日井市高森台にてメーカーの仕様を守っての外壁塗装工事を施工...

春日井市高森台にてメーカーの仕様を守っての外壁塗装工事を施工中です。


春日井市高森台にて外壁塗装がスタートしました。今回は、塗料メーカーの仕様を守らないとどんなことが起きるのか説明しましょう。

まずは、白濁です。こういった現象はクリヤー塗料に多いです。

クリヤー塗料とは、透明な塗料です。外壁の持つ柄とか、特徴を失わずに、そのまま出したい時に使う塗料です。

クリヤー塗料の塗膜が厚かったり、乾燥が遅かったりして、乾燥が不十分な状態で水分の影響を受ける時に起こります。

塗膜の中の水分が抜ければ大丈夫です。

春日井市高森台にてメーカーの仕様を守っての外壁塗装を施工しています。メーカーの仕様を守らないと起きる現象を説明しています。

例えば、リフティングです。リフティングとは、ちぢみのことです。

乾燥が不十分な状態で、再度、塗装を施工した時に起こります。

塗料の乾燥時間を守るのは大切なことです。この乾燥時間は、必ず守らないといけません。

また、水性の塗料の上に、強溶剤形の塗料を施工した時にも起こります。

強溶剤の塗料が乾燥するときに、水性の弱い塗料をも巻き込んで乾燥します。

そうすると、水性の塗料が引っ張られて、このちぢみが発生します。

このちぢみが発生すると、やっかいです。

下の水性の塗料を完全に剥がさないと、このちぢみは補修できません。

時間をおいて、ちぢみを発生させて完全に水性の塗膜をめくるようにします。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に