春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん春日井店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

春日井市明智町にて屋根板金の下地処理を行いました。


春日井市明智町にて屋根板金の下地処理(補修工事)を行っています。

こういった板金の場合は、スレート瓦(コロニアル)とは下地の処理も異なってきます。

板金の場合は、まず、錆を出来るだけ取ることが大事です。

 

そして、浮いた釘は抜いて、ビスに打ちなおします。

さらに、ビスの頭にシーリング処理をして防水性を高めます。

シーリング材はポリウレタン系が望ましいです。

このように、釘や、ビスの頭にはシーリング材を施し、雨水が入らないようにすることが大事です。

では、次に、コロニアルが割れている場合の処理です。コロニアルが割れている場合は、割れているコロニアルだけをてっきょします。

そして、新しいコロニアルと交換します。これが一番、問題ないやり方ですね。

もう一つは、周辺を破損させる恐れがある場合は、板金を挿入します。

板金を挿入する補修の手順としては、まず、割れた箇所に、シーリング材を塗った板金を挿入します。

そして、割れたコロニアルを元に戻して、継ぎ目をシーリング材で防水処理をして完成です。

いろいろあります。が、どれにしても、正しい手順を守り、水を入れさせないということが大事です。

毎日の心配の種をなくすことが大事です。