春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん春日井店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

付帯部施工時のポイントNO-1軒天井と雨樋


軒天井

軒天
軒天井

付帯部は特殊な下地や密着していない死膜が多いので注意しましょう。どういうことでしょう?

では、まずは、軒天井から説明しましょう。軒天井には、ケイカル板が多く使われています。

軒天(ケイカル板)新築時は下塗りをしていない場合が多い為、旧塗膜の密着状態に注意しましょう。

弱っている旧塗膜は除去してから、しっかりと下塗りを塗布しましょう。

軒天井は、湿気が溜まりやすいので、上塗りは透湿性、透水性、防藻防カビ性に優れた塗料を使いましょう。

軒天井に弾性塗料は向いていません。

有孔板の場合、洗浄は漏水の原因となることがあります。注意しましょう。

木目調のものは剥がれやすいため塗装不可です。

軒天井だけでもこんな風にいろんな注意点があります。注意しましょう。良い勉強になりますね。

雨樋

たて樋
雨樋

付帯部、次は、雨樋です。雨樋は硬質系塩ビでできています。

雨樋は、強溶剤の塗料では溶けてしまうため、弱溶剤の塗料を施工する場合が多いです。

雨樋は多くの家で使われています。自分の家の雨樋も一度みてくださいね。

なお、同じ塩ビでも、軟質系塩ビは可塑剤を多く含有しているため、ブリードを起こす恐れがあります。可塑剤の移行防止が必要です。

雨樋には、竪樋と軒樋があります。