春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

リボール式防水で施工した後の塗膜膨れの対処法!


リボール式にてベランダの防水を行いました。その後、ベランダの防水の塗膜に膨れが生じました。

まず、一つ目は、ベランダの既設の床が湿気っている場合が考えられます。

例えば、シンダーコンクリート、モルタル、水が浸透しているほど劣化した防水層が考えられます。

もし、圧着工法で施工した場合、暖かくなると、空気が膨張して膨れる可能性が高いです。

これは、誰が考えても起こりうる症状です。

湿気を含んでいるなと判断した場合は、圧着工法ではなく、脱気工法で施工するという判断になります。

湿気を含んだベランダにて、圧着工法にて施工して、ベランダ床の塗膜が膨らんだ場合は、膨れ部分をカットして、やり直すことになります。

毎回、これを、やり直すことになります。

これは、大変です。

シンダーコンクリートの劣化状況によっては、カチオンで下地の調整を行うこともあります。

また、劣化した防水層は下地と密着していない場合があります。

その時は、塗膜を撤去して、脱気工法にてやり直すこともあります。

注意しましょう。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に