春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

劣化した、抄造法のスレート瓦には、注意しましょう!


抄造法で製造されたスレート瓦について!

過去には、屋根材の強度アップの為にアスベストが含まれていましたが、アスベストの飛散による人体への健康障害や環境問題により、アスベストの使用について規制が掛かりました。

アスベストの含有率は、2004年には1%以下に定められ、2006年には0.1%未満となりました。

そこで屋根材メーカーでは、アスベストを使用しないスレート瓦、特に抄造法によるスレート瓦を製造するようになりました。

これですね。これです。現在、よく見かけます。この抄造法で製造されたスレート瓦を。これが悪い、非常に悪い、

可愛そうですね、この抄造法で製造されたスレート瓦に、ぶち当たったお客様は!

新築で家を買って、これで一生、安泰だと思っていたら、4年から5年ぐらいで、屋根のスレート瓦が層間剥離を起こします。たまったもんではありませんね。

抄造法とは、和紙を作るときの紙すきの製法で、原料を薄い層に形成後、複数枚をプレス成形(ミルフィーユ状)する方法です。

しかし、抄造法で製造した当初のスレート瓦(ノンアスベスト)には不具合が多発しました。

これが正体ですね。それぐらい、アスベストは身体には有害ではありましたが、この屋根材には非常に有効だったんですね。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に