春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん春日井店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

スレート瓦葺き屋根の劣化、春日井市朝宮町!


春日井市朝宮町で屋根の塗装を施工しています。

屋根はスレート瓦です。

普段、あまり目につくことのない場所は程、知らず知らずのうちに痛みが進んでいることが多いです。

屋根の上は、まさにそういう場所です。

とはいえ、自分で屋根の上に上がって見るのは大変危険です。

その為には、家のことをよく知っている経験豊富な専門家に点検してもらうことが大事です。

屋根を洗浄しようと上がったら、結構、苔が発生していました。

たかが苔と思っていたら大変なことに!

こんなことありあせんか?

セメントと石綿が主原料のスレート瓦は、表面に塗布されている防水塗料が劣化し始めると、

雨水が瓦に染み込んでしまいます。

その為日陰になりやすい北側の屋根などは、苔の生育に適した場所(条件)になってしまうのです。

そうなんですね、だから、北側の面には苔の発生が多く見られるんですね。

スレート瓦の防水効果って弱くなっていくものなんですか?

スレート瓦の防水性が劣化し始めると、苔の発生だけでなく、ワレや、下地の反りを誘発する恐れがあります。

下地まで反ってしまうんですね、ビックリ!

例えば、瓦が水を含んだまま凍って(冬)しまったり、夕立の後の晴れ間に強い日差しで急激に

乾燥したりと(夏)いった条件下で発生します。

湿気を吸ったり、その湿気を吐き出したりとを繰り返していると良くないんですね。