春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > スレート瓦葺き屋根の不良施工による障害です。春日井市大手町

スレート瓦葺き屋根の不良施工による障害です。春日井市大手町


春日井市大手町にて屋根のスレート瓦葺き屋根の塗装を行っています。

しかしながら、剥がれた塗膜の下から、下地が露出しています。

スレート瓦の本体は、セメントと石綿(平成15年6月まで製造していました)の化合物であるため、

塗装による防水性がなくなると雨水が浸み込みやすくなります。

また、そのまま放置しておくと、苔の発生や、ヒビ割れ、下地の反りなどを引き起こし、

スレート瓦の耐久性を著しく低下させる原因になります。

剥がれた塗膜!

剥がれた塗膜を放置しておくと、風に飛ばされ、御近所にまで飛んでいってしまいます。

最近、どうも洗濯物に燃えカスのようなゴミが付くといったことがあれば、一度、屋根を見た方が良いと

思われます。

怖いですね、そんな現象が起きているなんて、全くわかりませんよね。

日焼けした皮膚のように、簡単に剥がれてしまう旧塗膜。

再メンテナンスの際に旧塗膜を完全に除去できなければ、その上に、いくら塗装しても、

また、剥がれてきます。

結果、余分なコストがかかることになります。

下地調整の不具合による塗膜剥離について、お話しましょう。

洗浄作業などの、下地調整が完全でなかったり、シーラー(下地調整下塗り)の塗布が仕様通りになされていなかったり

すると、このような障害を引き起こします。

再メンテナンスをする際は、剥がれた旧塗膜を取り除かなければ、何度、再塗装をしても、同じように剥がれてしまいます。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に