春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

縁切りの重要性、春日井市石尾台


春日井市石尾台にて屋根の塗装を行っています。

屋根は、スレート瓦のコロニアルです。

コロニアルには、凹凸の溝が一杯あります。

スレート瓦葺き屋根の構造は、瓦と瓦のタテのつなぎ目から入った雨水を、下の瓦が受け止めて、

瓦の重なり部分の隙間から排出することにより、野地板や、屋根裏への水野侵入を食い止めています。

しかしながら、瓦の重なり部分に塗料等が溜まって固まっている場合は、出口を失った雨水がオーバーフロー

してしまい、野地板を痛めて雨漏れの原因となり、最悪の場合、屋根を葺き替えなければならないことになります。

そこで、屋根を塗装した後の工程として、縁切り作業が重要視されます。

縁切りとは、瓦と瓦が重なった部分に溜まった塗料に切り込みを入れて、雨水の排出口を作る作業のことです。

文字通り、瓦と瓦の縁を切るという意味です。

また、最近では、縁切り部材を、塗装前に瓦と瓦の間に挿入する方法も有効とされています。

これが、当社も使用している、タスペーサーです。

コロニアルの端から10センチの所に、ダブルで挿入します。

それでも、隙間が埋まってしまう場合は、トリプルでも挿入します。

 

昔は、屋根は塗らない方が良いと言われていました。

しかし、今は、メンテナンスが必要です。

俗にセメント瓦と呼ばれた瓦が使われていた時代、セメント瓦には、塗料は塗ってはいけないとされていました。

その理由の一つとして、セメント瓦の屋根は、現在のスレート瓦屋根と構造が似ており、粘性の強い当時の塗料は

必ず、縁切りを行わないと雨漏れを引き起こす原因となったからです。

そいうなんだ。瓦にも歴史がありますから、その流れの中で、塗料もいろいろあったんですね。

しかし、現在では、屋根専用塗料の著しい技術革新と、縁切り作業の重要性が一般に知られるようになり、

住宅のかなめである、屋根の塗装による防水メンテナンスが必要不可欠となってきています。

そうなんですね、縁切りは、歴史とともにあるという感じですね。

当社も縁切りは必ず行います。

タスペーサーという部材を使っていますが、これは大事な縁切りの作業です。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に