春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん春日井店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

春日井市高森台にてセメント瓦の塗装中です。


春日井市高森台にて屋根の塗装を施工しています。

屋根の瓦はセメント瓦です。

現在、セメント瓦の製造は、年々減っています。

なんででしょう?

それは、セメント瓦にも弱点があるからです。

今は、セメント瓦にも勝る良い瓦が開発されてきてます。

良い瓦がでてくれば、人気のない商品の製造が止まるのは、当たり前の話です。

では、セメント瓦とは、どのように製造されているのでしょうか?

セメント瓦とは、セメントと、川砂を重量比1対2、あるいは、1対3で固練りに混ぜたモルタルを型に入れて

成型したものです。

形状により、和形、洋型、平型、S型の種類があります。

では、セメント瓦の特徴とは?

セメント瓦もカラーベスト同様に、それ本体には防水性能はほとんどありません。

また、塗料で着色するので、どんな色にもすることができ、家の形や壁の色に合わせて変えることができます。

また、経年劣化によってセメントの劣化が進み、瓦がスカスカになり、色落ちし、表面が劣化してきます。

その為に、塗装を繰り返して行うわけです。

セメント瓦に、こんな現象はありませんか?

まずは、塗膜の劣化や剥がれです。

コンクリート瓦の塗料が剥がれたケースです。

塗膜の劣化が著しい場合や塗装方法に問題がある場合は、塗装後2年から3年で塗料が剥がれる恐れがあります。

また、酸性雨や紫外線等により、劣化して色があせると、外観が損なわれるだけでなく、下地のセメントが露出して

石灰分が流されてしまい、瓦そのものも劣化してしまいます。

塗膜の重要性がよく、分かりますね。

次に、カビや苔の発生です。

埃や土などが表面に蓄積し、カビや苔が発生しているケースです。

一旦、発生すると更に埃が蓄積しやすくなるため、早目のお手入れが肝要です。

また、毛細血管により、重なり部分に発生したカビや苔が瓦の裏に水を運び、雨漏れの原因になります。

皿い、下地を腐らせ、建物の構造体を痛める恐れがあります。

なんと、怖い話でしょう、こんなことも、あるんですね。

たかがカビや苔ですが、されどカビ、苔になりますね。

最後に、瓦のひび割れです。

瓦に、何らかの衝撃が原因で起こるケースです。

よくある例は、アンテナの取り付けや補修時に衝撃が加わり、割れる場合があります。

職人さんの点検が鉄則ですが、見落としがよくあります。

また、構造の際の小さなヒビに水が入ったり、瓦を固定するための釘が錆びるときに膨張することでできる

割れなどが原因です。

脱落だけでなく、雨漏れの大きな要因に繋がります。

結構、いろんな原因がありますね。

塗装の足場を組むために、職人さんが思い足場をもって屋根の上に上がるときは、よほどの注意が必要ですね。