春日井、小牧の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん春日井店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん春日井店

街の外壁塗装やさん春日井店

〒487-0007

愛知県春日井市玉野台2-2-6

TEL:0120-976-528

FAX:0572-24-4012

おかげさまで春日井市や小牧市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-528

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

春日井市で外壁塗装を施工中のシーリングについて


シーリング打ち替え
シーリング打ち替え完了

シーリングの上からEC-5000PCM-IRを施工する場合、次の点に注意してください。シーリング箇所に上塗りを施工する前に、EC-5000PCM-IRの増し塗りをしてください。シーリング箇所の上から、そのままにEC-5000PCM-IRを塗布すると、塗膜が薄くなりやすいです。そうすると、塗膜が劣化しやすく割れやすいです。上塗りを施工する前に増し塗りをすることで、膜厚を確保することができます。

増し塗り(120ミクロン)+全面塗布(240ミクロン)=目地部の膜厚(360ミクロン)

目地箇所はサイディングボードが揺れたりしたときに伸びたり、縮んだりします。その為、膜厚が薄いと切れやすいです。シーリング箇所に、もう一度、増し塗りをすることで、膜厚が厚くなり、揺れにも、切れずに追随できます。

シーリング押え
シーリング打ち替え

メーカー仕様によりますが、多くの塗料では、シーリング材は先打ちできないのでしょうか?

多くの塗料はシーリングに比べて伸縮が小さい為、塗料で被覆すると塗膜が切れる場合が多いです。その為、多くの塗料メーカーは後打ち工法を推奨しています。それでも敢えて先打ちをすると、塗装面とシーリングとの見切り箇所である小口部が露出してしまう恐れがあります。品質上のリスクが存在します。

シーリング先打ちを行い、シーリングの伸縮に追随する塗料を使用することが品質上望ましいです。

それが、アステックペイントのEC-5000PCM-IRです。超弾性塗料です。

春日井市、小牧市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん春日井店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-528
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん春日井店に